親知らず 抜いたほうがいい?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:732
  • ありがとう数:0

はじめに

私は上下左右4本の親知らずが生えて
全部歯医者さんで抜いてもらいました。
そのときの経験から
親知らずについて書いてみます。

STEP1親知らずについて

まずは親知らずの基本情報から…。

ウィキペディア 親知らず
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A

STEP2アゴの大きさが関係

親知らずは、生える人と生えない人がいるそうです。
分かれ目はアゴの骨の大きさだそうです。

昔のひとは
固いものをしっかり噛んで食べていたため
アゴが広く、親知らずが生えても
必ずしもトラブルにならなかったそうです。

現代のひとは
柔らかいものを食べることが増えてアゴが細い人が多く、
親知らずは生えないか、
生えてもまっすぐには出てこないことが多いようです。

STEP3トラブルになる親知らず

親知らずが斜めに生えてきたり、
生えかけで歯茎の肉がかぶさっている状態が続くと
きれいに歯磨きできずに歯茎に炎症を起こしたり
神経にかかって痛みを起こしたりします。

また、この影響で
肩こり、頭痛、口内炎などの症状が出ることもあります。

STEP4抜歯

まっすぐにきれいに生えて、特に痛みもない場合は
そのままでもいいようですが
何かトラブルがある場合は抜いてもらったほうがいいです。

太くて丈夫な歯なので、抜くのは体力がいります。
大きな血管のそばでもあるようなので
抜くときは上手な歯医者さんに
事前によく相談して抜いてもらいましょう。

STEP5歯医者さん選び

歯医者さんに限らず、どの病院でもそうですが
わからないことを聞いた時、
こちらに解るようにきちんと説明してくれる歯医者さんを探しましょう。

脅かしたり、怖がらせたりするようなことを言う歯医者さんは
論外です。

私が抜歯してもらったところでは
歯と歯茎のレントゲン写真を見ながら
危険がないことなどをきちんと説明してくれました。

まとめ


何年か前に歯医者さんから聞いた話なので
情報が古かったり
間違っていたらごめんなさい…。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ