夫婦関係を良好に保つ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:466
  • ありがとう数:0

はじめに

愛し合って結婚した同士でも、長く生活を続けるうちにきしむこともあります。細く長く、結婚生活を続ける秘訣は、どんなものがあるでしょうか。

参照元:2011年2月5日朝日新聞

STEP1■呼び方

子どもが生まれてから、お互いの呼称が「お父さん」「お母さん」になってしまうことがままあります。名前で呼び合うと子どもがまねするから、子どもに「お父さん」「お母さん」という呼び方を教えるため、といったきっかけで始まったのに、子どもが大きくなってもそのまま、ということが多いです。

これは、夫婦関係に親子関係を持ち込む原因になりがち。子育てが一段落したら戻しましょう。

STEP2■基本的な言葉かけ

同居が長くなると、家族が空気のような存在になりがち。普通ならするような挨拶や言葉かけをしなくなりますが、これは相手を無視しているのと同じことです。

起きたら「おはよう」、出かけるときは「行って来ます」など、当たり前の挨拶をきちんとするようにしましょう。

STEP3■「ありがとう」「ごめんなさい」を忘れない

会話のときに、ありがとう・ごめんなさいを接頭語や接尾語のように付けるようにしましょう。これだけで相手の心証がグッと良くなります。


夫婦はそれぞれ一人の社会人で、「親しき仲にも礼儀あり」が必要な関係です。家でも緊張したくない、と思いがちですが、お互い快適に過ごすためにも、必要最低限の礼儀は払うようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ