ピーナッツアレルギー、アメリカではここに注意

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:508
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ココラバー
アメリカ国内ではこういったところでピーナッツが登場、情報として持っていてほしい内容です。

STEP1

野球観戦では、ピーナッツが売られています。メジャーリーグ観戦では、となりに座った人がバリバリ食べている、という可能性も大です。そして、むいた皮はそのまま席の下に落とすので、においもするし、クロスコンタミネーション(間接的に接触する)可能性もあります。アレルギー反応のレベルによって、注意を十分しましょう。

STEP2

鶏肉のフライのサンドイッチが有名なファーストフード「chick-fil-a」は、ピーナッツオイルを使って揚げています。ピーナッツアレルギーの人は、大抵ピーナッツオイルも避けるようにする人が多いですが、その場合は注意です。

STEP3

レストランでオーダーするディッシュに直接ピーナッツが使われていなくても、他のディッシュで使われていることがあります。また、キッズメニューにピーナツバターサンドイッチがある場合は、クロスコンタミネーション(間接的に接触)の可能性があるので、オーダーの際に確認しましょう。

まとめ

サーバー(ウェイター)が知識不足の場合は、クック(キッチンのスタッフ)に確認するよう聞きましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ