九州でも規模と質を誇るひな祭り

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:467
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by catherine-z
江戸時代に幕府の直轄地があった日田市では、九州では規模の大きいひな祭りが開かれます。
江戸時代から大正にかけての昔ながらのひな人形を楽しんでみてはいかがでしょうか。

STEP1大分県日田市で開かれるのは、「天領日田おひなまつり」です。

2011年は2月15日から3月31日まで開催されます。

STEP2

江戸時代に直轄地・天領が置かれた日田市では、九州の政治、経済、文化の中心地として町人文化が花開きました。
そこで、裕福な町人の間では、高価なひな人形を贈りあったり、京や大阪で買い集めたりしたそうです。
そのひな人形や雛道具が今も大切に受け継がれているほか、庶民のひな人形「おきあげ雛」も展示されます。

STEP3ガイド付きのおひなめぐり散策ツアーもあります。

また、パレードや流しびな、梅が咲き誇るおおやま梅まつりなど、イベント盛りだくさんです。

まとめ

大分自動車道 日田インターからおよそ5分です。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ