大学芋の名前の由来って?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:423
  • ありがとう数:0

はじめに

ふと思ったのですが、大学芋ってなんで大学芋っていう名前がついたのでしょうか?

STEP1

東京大学の赤門前に三河屋というふかし芋屋が大正初期にミツを絡めた芋を売ったところ大学生の間で人気になりこの名前が付いたとも言われています。

大正時代に東京神田近辺の学生が好んで食べたのが由来という説と昭和初期に東京大学の学生が作って売ったのが由来という説もあります。

STEP2

大学ノートも東大前の「まつや」さんが製造販売したそうです。

STEP3<大学芋の作り方>

おうちおやつの定番、大学芋。大学芋はシンプルですが、素材のうまみを味わえるスイーツ、幅広い世代に人気のおやつですね。そんな大学芋を揚げずに、タレも簡単に作れるレシピでご紹介します。思い立ったら15分、おうちおやつを手軽に作ってみましょう。

●揚げない大学芋の材料(2~3人分)
さつまいも 1本(中)
バター 大さじ1
はちみつ 大さじ2
醤油 小さじ1/4
黒ごま 少々


揚げない大学芋の作り方
1:洗ったさつまいもは水気のついたまま、ラップで包み、レンジで3、4分加熱します。
2:さつまいもを一口大に切ります。 切り方は乱切りや輪切りなど、お好みでどうぞ
3: フライパンにバターを入れ、さつまいもに軽く焼き色がつくよう、中火で炒めます。
4:フライパンの余白に、はちみつ、醤油を入れ、フライパンをゆすりながら、さつまいもに絡めていきます。はちみつと醤油がブクブクしたら、火を止め、余熱でタレを絡めます。
5:黒ゴマをふりかけて、どうぞ。

ワンポイントアドバイス
レンジ加熱によりさつまいもはとても熱くなります。ラップを開く際は自分と逆側から(手前ではなく奥から)開けると、蒸気が自分にかかりません。どうぞ火傷に注意して作ってくださいね。黒ゴマのほか、ナッツやシナモンなどもよく合います。トッピングは合わせるお茶でかえてもいいですね。

まとめ

大学いもの名前の由来には、いろいろな説があるそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ