いじめる少年といじめられる少年の物語「リリイ・シュシュのすべて」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:896
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
いじめる少年といじめられる少年の物語「リリイ・シュシュのすべて」

10代の若者のありのままの姿を描いて
ロングランヒットとなった映画、
「リリイ・シュシュのすべて」を
見てみませんか?

原作・監督を担当した岩井俊二氏が自ら代表作と述べる、衝撃的で現実的な物語です。

STEP1

カリスマ的アーティストであるリリイ・シュシュに心酔する、中学2年の雄一(市原隼人)。田園の広がる地方都市で暮らす彼は、学校で同級生の星野修介(忍成修吾)からイジメを受けています。雄一の唯一の救いが、リリイ・シュシュでした。

自ら「リリフィア」という名のファンサイトを主宰する雄一は、様々なリリイファンと交流するなかで、青猫のハンドルネームを語るリリイ・ファンとチャットで出会い、心癒されるようになっていました。

STEP2

雄一をイジメる同級生の星野は、1年の頃には同じ剣道部の部員として仲が良かったのですが、夏休みに仲間と出かけた沖縄旅行から戻った新学期、突如として荒れ出しました。

クラスの悪ガキを倒し、飯田と辻井を子分に従えた星野は、雄一に万引きを強要し、それで得た金を上納させるようになったのです。星野のイジメの対象は雄一だけに留まらず、クラスメイトの津田詩織(蒼井優)も星野の命令で援助交際をさせられ、そのあがりを星野に渡していました。

STEP3

雄一が秘かに想いを寄せる久野陽子(伊藤歩)も、彼女を嫌う女子の企みで星野の仲間に乱暴されてしまいます。

そんな折、リリイのライヴが代々木で開かれることに。チケットを入手した雄一は、青猫と会う約束をして会場へ向かいます。ところが、そこにいたのは星野でした。雄一がリリフィアの管理人であることに気づいていない彼は、雄一のチケットを奪うと一人でライヴを楽しむのでした。

会場に入ることの出来なかった雄一は、ライヴ終演後の雑踏の中、突然「リリイがいるぞ!」と叫び、どよめいた人のどさくさに紛れて、星野を刺し殺します。そして翌年、15歳になった雄一は、淡々とした日々を送るのでした。

まとめ

岩井俊二氏がインターネットの掲示板を開設し、そこに書き込まれていった内容が記された小説が原作で、現代の少年少女のリアルな姿が見事に描かれている映画です。

必要なもの

リリイ・シュシュのすべて

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ