死から生まれる生の物語「千年旅人」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:345
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
死から生まれる生の物語「千年旅人」

死を目前にした男と自殺志願の男が出会い、
生と死に向かう物語「千年旅人」を
見てみませんか?

辻仁成が原作・脚色・監督をつとめた、儚げなストーリーです。

STEP1

体中病魔に蝕まれ、余命幾ばくもない体のツルギ(豊川悦司)が海辺の町に帰ってきます。

彼は、結婚まで約束しながら土壇場で親友に奪われてしまった最愛の女性・洋子に会うためにやって来たのです。しかし、彼女の実家である民宿風花を訪ねると、そこで彼は洋子がすでに自動車事故で他界していたことを知り、愕然とします。

現在、民宿を営んでいるのは洋子の母である君江(渡辺美佐子)と、洋子と例の親友・良太の間に生まれたユマという少女でした。

STEP2

洋子譲りの美声を持つユマは、義足に頼る生活をしていました。事故のとき、洋子の車に同乗していて、片足を失ったのです。良太はユマが幼い時に出て行ったきり、行方知れずでした。

学校へは行かず、毎日手旗信号で沖を通る船に自分の存在をアピールするメッセージを送って暮らしているユマ。ある日、そんな彼女とひと月ばかり旅館に滞在することになったツルギの前に、自殺志願のトガシ(大沢たかお)という男が現れます。何度も自殺を試みるトガシと死が目前に迫っているツルギは、事あるごとに対立するのでした。

STEP3

ユマはトガシのことを心配するうちに、彼に心惹かれていきます。

体の痛みを和らげるモルヒネ注射の残りが少なくなると、ツルギは海岸に捨てれらた難破船を修理し始めます。「この海から死者を船に乗せて流すと、その魂は余所には行かず、この海に戻ってくる」と言う彼は、この地方の言い伝えを想い出し、自分の遺体を乗せる船を作ろうと考えたのです。

祭の夜、ついに倒れたツルギに、君江はユマが実はツルギの子であったことを告白します。真実を知ったツルギは、ユマの父親としてトガシにユマを幸せにしてやって欲しいと頼み、やがて静かに息を引き取るのでした。

ツルギの遺体はトガシによって修理された船に乗せられ、葬られます。しかし葬儀の後、トガシは姿を消し、一年後、再び君江とユマの前に現れるのでした。

まとめ

一般公募のオーディションで選ばれたユマ役の少女が歌う「ARIA」が、お楽しみです。

関連するタグ

必要なもの

千年旅人

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ