村上春樹さんに学ぶ、文章を書く「持続力継続」方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:913
  • ありがとう数:0

はじめに

村上春樹さんが過去に語った、文章を書く「持続力継続」方法を紹介します。

STEP1[著書、「走ることについて語るときに僕の語ること」で]

村上春樹さんの著書、「走ることについて語るときに僕の語ること」の中にこんなことが書いてあります。

「毎日机の前に座り、意識を一点に注ぎ込む訓練を続けていれば、集中力と持続力は自然に身についてくる。これは前に書いた筋肉の調教作業に似ている。」

「たとえ絶対的な練習量は落としても、休みは二日続けないというのが、走り込み期間における基本的ルールだ。筋肉は覚えの良い使役動物に似ている。注意深く段階的に負荷をかけていけば、筋肉はそれに耐えられるように自然に適応していく。」

STEP2[これは、ビジネスにおいても]

これは、ビジネスや趣味においてもあてはまります。
毎日、継続することで、身になっていくことがあります。

1日これだけやる、と思ったことを実際にすることで、自分の身に「つく」のです。
何かをやりとげたいなら、毎日取り組むこと。
そうすることで、数ヶ月経過したときに以前よりも成長している自分に気付かされることが多いです。

STEP3[時には]

時には、休みたいと思う日もあったりすれば、身体に素直に休めばいいと思います。
でも、毎日努力すること。

勉強も、一日数分からでいいので、決めたことは毎日続けて、次第に分数を多くしていくこと。
勉強するために机に向かったことのない人が、いきなりやろうと思っても、やり方がわからなくてすぐ挫折してしまいます。

継続して努力することで日々成長することができるということが、文章から読み取ることができます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ