■■■仕事が10倍速くなるすごい法■■■経営コンサルタント松本幸夫先生の著より

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 絵鳥彰太郎
仕事って速く出来たほうが何かにつけて、得した気分になれると思います。
●行が引用文です。
その下に説明があります。

STEP1●あと2年しか生きられないとしたら何をするか?●

こりゃ大変だ!やりたいことを死に物狂いでやるでしょう。
●お尻に火がついた人ほど早くゴールにたどり着ける。●
私は、つきっぱなしです。かちかち山の狸状態です。
●そこそこでいいと望むと、そこそこの人生が始まる。極上の人生をと望むと極上の人生が始まる。●
自分を信じて、自己暗示ですね。人それぞれそこそこと極上の格差はありますが・・・

STEP2●成功者は未来は、明るいと信じたから成功者になれた。●

ポジティブそのもの。横目もふらずまっしぐらですな。
●完璧を目指しすぎないというのが完璧を目指すコツ。●
すばらしい。完璧を目指して、8割がた出来上がったものをすべて失う場合もあります。やはり、腹8文目で残りは、人生の宿題をたくさん持っていましょう。
●成功者は、成功するまで挑戦し続ける。⇔その他大勢は、途中であきらめる。●
継続こそ力なり。挑戦は、自由である。自分でもあきれるほどしつこくなってもいいのではないか?

STEP3

●明確で具体的な"結果のイメージ"があれば、普段の2倍の力が出る。●
これ毎日、実践しているが効果抜群です。要するに「段取り8分」。結果がイメージできれば、時間と作業工程を組み立てて、頭が、理解できていれば、毎日の通勤と同じで体が勝手に動いてくれます。
●「上を向く」からどんどんうまくゆく、「下」にはどんなチャンスも転がっていない。●
誤解されやすいが、上を向くって前に進むことですね。下は後退・後悔・過去など・・・自分の足元を見直すのは、いいことですよ。
●あきらめなければ、夢は、絶対叶う!●
夢のために時間と努力(練習)を惜しまなければ、やらない人よりもやっている差が生まれる。

STEP4●最初から出来る人などいない。●

万民、最初は、生まれたての赤ん坊ですよね。
●万全の準備をすれば、誰でも出来る人になれる!●
予習は、必須です。
●「賢い人」の声に耳を傾けよう。●
基本は、人の話は、口を挟まずちゃんと最後まで聞く。

STEP5

●人間関係のテクニックは、ひとつでも多く実践したほうが、あなたの人生を潤わせる。●
とにかく、実行ですね。躊躇していたら時間を浪費するだけ。
●お願いの仕方ひとつにも戦略がいる。●
おねだり上手ともいいます。
●感性を磨いておけば、「いいもの」により敏感になれる。●
感性は、不思議に思うことを追求して分析して理解して磨かれてゆくのだろうか?

STEP6●たとえイヤなときもイヤな顔をしないこと。●

愛想ひとつでチャンスは、逃げますよ。
●思いついたときが、行動する"ベスト"の瞬間。●
気持ちが前を向いているのに動かなければ・・・一番いい状態である。
●もっとお金があったら、人生は、どう変わると思いますか?●
お金がある=様々な人・物・情報・事などが、向こうからよってくる。

STEP7●小さなことにくよくよしない。●

もっと大きな心と視野で考える。
●人は「服装」で「中身」を判断するあなたは、「服装」で「中身」を判断されている。●
類は類を呼ぶ。

まとめ

迷ったら、「今の自分が世の中にどう役立っているか」を考えて見ましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ