ひなまつりに供える菓子に意味はある?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1039
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 栗鼠亀
雛人形にはお菓子や白酒などを供えたり、食べたりしますが、これらの意味は?

STEP1雛人形にはひし餅やひなあられなどを供えます。

それぞれに意味があるのを知っていますか?

STEP2・ひなあられ

白・緑・桃の三色のあられ菓子です。白は雪の降った大地(清浄)を、緑は木の芽(健康)、桃は命や魔よけを表しており、食べることで自然のパワーを体に吸収して元気に育つという願いがこめられています。

STEP3・ひし餅

白・緑・桃の三色の餅をひし形に切ったものです。地方によって、5色のところもあります。色の意味合いはひなあられと同じです。
餅を作るときには、白には菱の実(血圧効果)・緑は蓬(増血効果。昔はハハコグサを使用)・桃は山梔子(解毒作用)と、健康に良いものが入れられています。

ひし形にするのには、心臓の形だからとか、女性器の形だからとか、いろいろ説があります。ひし餅には、ひなあられと同じく、自然のパワーを吸収するという意味、健康や長寿、子孫繁栄などの願いがこめられています。

STEP4・白酒

製法も見た目も似ていますが、甘酒とはちょっと違います。
体から邪気を祓うために飲みます。

STEP5・桃の花

桃の花は、厄除けになるといわれていますので、飾ります。

STEP6・ハマグリ

Photo by 栗鼠亀
ひなまつりのご馳走には、ハマグリが欠かせません。
ハマグリの貝殻は、別の貝殻とぴったりあうことがないため、良縁を願う意味で使われます。
同じ意味で、結婚式のごちそうにもハマグリはよく使われます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ