ひなまつりの始まりは?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 栗鼠亀
ひなまつりの始まりはどのようなものなのでしょうか。

STEP1

ひなまつりは、季節の節目は悪いものが入りやすいため、厄を川に流すという「上巳節(じょうしせつ)」から始まりました。
上巳節は、旧暦で3月上旬にある巳の日のことですが、いつのまにか3月3日に固定されるようになりました。
上巳節は、中国からきた行事です。

STEP2

日本に入った上巳節は、人形に厄を移して流す「流し雛」と混ざって定着しました。
それがさらに、室町時代の頃に、流すのでなく飾る雛人形へと変わってきたのです。

STEP3

江戸時代には五節句の一つ、桃の節句として制定され、女の子の節句となりました。

※その他の節句は、1月7日の七草の節句、5月5日の端午の節句、7月7日七夕の節句、9月9日重陽の節句です。ひなまつりの桃の節句は、上巳の節句、重三の節句とも呼ばれます。

STEP4

雛人形は2月4日の立春以降、2月中旬くらいまでに飾りましょう。
片付けるのは3月中旬くらいまでで大丈夫ですが、早く片付けないと嫁に行き損ねるとも言われていますので、早め早めに片付けた方が安心なようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ