小腹がすいた時じゃがいもで作る簡単レシピ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2500
  • ありがとう数:0

はじめに

ちょっと小腹がすいたとき、あと一品おかずを増やしたいとき。そんなときにとても心強いのがじゃがいもです。手軽に作れるじゃがいものレシピを紹介します。

STEP1◆簡単洋風おつまみ

じゃが芋のスライスとたまねぎの薄切りを小皿に盛り、ベーコンの細切れととろけるチーズを乗せて、軽く塩・コショウをしてからレンジでチン!

◆ポテトボール
スライスしたじゃが芋を軽く油で揚げ、冷めてからもう一度揚げるとフワーッとふくらんで、かわいくて美味しいポテトボールの出来上がり!
塩でもいいし、ケチャップ、溶かしバター、マヨネーズ、何にでも合って、子供にも大人気。

STEP2◆ラザニア風に。

じゃがいもを薄く輪切りにして、固めに塩茹でします。
薄くバターを塗ったグラタン皿に、茹でたじゃがいも→ミートソース(缶詰でも可)→じゃがいも…と繰り返して敷き詰めます。最後にとろけるチーズとパン粉少々をのせてオーブンで焼き上げます。

◆ビールに合うおつまみ!
1.まず鶏皮を炒める
2.水にさらしたサイコロ状(小さめ)に切ったジャガイモを入れてさらに炒める
3.塩コショーと味の素少々で味付け(塩コショーはきかせたほうが美味)
4.鶏皮はカリカリ、ジャガイモは硬すぎず柔らかすぎずに火が通れば出来上がり。

STEP3◆キッシュ風に(3~4人前)

小さいテフロン加工のミルクパンやフライパンがあったら作りやすいです。
1.いも2~3個、卵3~4個、塩コショウ、いため油(オリーブが美味しいかも)、卵に入れる牛乳50ccくらい
まぁ、好みで増減してください。(笑)
2.厚さ5ミリくらいにいもを切っていためる(塩コショウで味付け)
3.火が通ったらとき卵を入れ、好みの硬さまで焼く。

ほかにも・・・
1 いもを拍子切りにする
2 多目の油で火が通るまでいためる
3 塩コショウで味付け
4 カレー粉を好みの辛さまで入れる

自分好みの味付けができるのもポイント。

まとめ

定番のポテトサラダやカレー等以外にも役に立つじゃがいも! 皆さんチャレンジしてみてくださいね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

じゃがいも  それぞれの材料

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ