子どもにもあるメタボリックシンドローム

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:338
  • ありがとう数:0

はじめに

「メタボ」と言えば中高年の代名詞のように扱われていますが、実は小児にも存在し診断基準も定められています。

STEP1

そもそもメタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満に血清脂質の異常、血圧や血糖値の上昇が加わり心筋梗塞、脳梗塞などの命にかかわる病気のリスクが高まる状態をいいます。

STEP2

最大の危険因子は肥満であり、成人肥満増加の背景に小児肥満の増加が関与しているそうです。
小児肥満はこの30年ほどで2~3倍に増加しており、10人に1人が肥満児です。

STEP3

肥満の要因は遺伝的なものもありますが、近年は、運動不足、食べすぎといった生活習慣が大きいです。

STEP4お子様のおられる方は、次のことに注意してあげてください。

・朝食抜き
・スナック菓子や清涼飲料水の取りすぎ
・遊びは室内でテレビゲーム
・夜更かし   などです。

STEP5

意外なところで、妊婦さんのダイエット等、何らかの原因で胎児期に低栄養になって生まれた子が生後に栄養状態が良くなって大きく育つと将来生活習慣病になりやすいと言われています。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ