「降灰」は「こうかい」と「こうはい」とどちらの読み方が望ましいのでしょうか

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:344
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ??
「降灰」を「こうはい」と読んでいますが、辞書を見ると、自分には「こうはい」より「こうかい」の方がメインな読み方であるように思われます。しかし、アナウンサーが「こうはい」と読むのには根拠があるのでしょうか。

STEP1辞書ではおおせの通りまだ「こうかい」がメインです。

なぜ、「こうはい」という読み方が流行ってきたか想像してみました。灰燼、灰塵、石灰、灰分、灰白のような、灰をカイという読み方を知らない人が増え、口で「降灰(こうかい)」を説明するのに大変になってきたからでしょう。

STEP2

コーカイ、降る灰(はい)のことだよ、コーハイだよ。」なんて説明しないとわかってくれません。それに訓の「はい」も音の「カイ」と発音がよく似ていますので、重箱読みもし易いですね。

STEP3

最近は「肉汁」を「にくじる」という人が多いようです。なぜか想像してみました。

(1)豚汁(とんじる)の影響
(2)肉を「にく」と読むのは訓だ。だから汁も訓読みにしないと変だ、という誤解。

まとめ

では、「降灰」は「こうかい」と「こうはい」とどちらの読み方が望ましいのでしょうか。
NHKのニュースや天気予報で「こうはい」と読んでいたら、これはもう「こうはい」です。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ