居眠りは「座って」が基本のわけ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:707
  • ありがとう数:0

はじめに

疲れた頭がスッキリする効果的な居眠りの方法は…

STEP1

座って居眠りをしていると「カクン」となって目が覚める事がありませんか?
その「カクン」が重要なポイントなのです。

STEP2

眠りには全部で4段階あり、段階が進むほど目覚めにくくなります。
特に眠りが段階3に入ったところで急激に体温が下がります。
急激に体温を下げてしまうと、体がだるくなってしまうのです。
昼寝の後、妙に体がだるくなるのはそのためです。

STEP3

座って寝ていると、眠りが段階3に入る時に「カクン」となり、その衝撃で体がだるくなる前に、スッキリ目が覚めることができるのです。

※眠りが段階3に入るときに全身の筋肉が脱力するために「カクン」となるのです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ