赤土で家庭菜園を始めるためには?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:541
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ??
自給用ですので収穫できればいい程度で構いません。土壌の詳しい成分は分かりませんが、赤土なので粘土質です。(重粘土まではいってないです。)

STEP1

赤土は火山灰土ですから酸性が強く、燐酸分が効きにくい、などの性質がありますが通気性や排水性が高くリン酸分以外の肥料持ちも比較的良いなどの性質があり酸性を改良すれば良い畑に成ります。

STEP2

最初は有機質の堆肥を充分に入れて石灰を入れます。坪当たりで堆肥15キロ石灰が消石灰で400グラム化成肥料400グラムを入れます。大抵の作物はこれくらいでできます。酸性の改良は3年程度を掛けて行います。

STEP3

酸性に強い作物は一番強いのがサツマイモ、で火山灰土でも全く石灰を入れなくても良く育ちますし肥料分が少ない方が甘いサツマイモが作れます。一番酸性に弱いのがホウレン草、豆科の野菜も比較的に酸性には弱い作物です。

STEP4

ネギやタマネギなどのユリ科の作物は石灰が大量に必要ですから酸性土壌では生育が悪くなることがあります。タマネギは特に成長が悪くなります。アブラナ科の作物は比較的に酸性でも生育します。

まとめ

できれば近くに農林振興センターがあればPHを測ってくれますから聞いてください。大抵は無料ですし緩衝曲線という酸性改良の指標を作ってくれます。同じように見える赤土でも酸性を改良するために必要な石灰量は大きく違うことがあります

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ