人魚と半漁人の恋物語「ACRI」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:841
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
人魚と半漁人の恋物語「ACRI」

人魚伝説に魅せられた男が出会う
不思議な過去を持つ青年とその恋人である人魚との
愛を描いた映画「ACRI」を見てみませんか?

STEP1

イギリス人博物学者のグスタフ・オージュボンの著書の中で語られている、1888年香港・邪侖屈での人魚目撃説。

それから一世紀が経った現在のオーストラリアで、研究を行う日本人の佐古田教授(藤竜也)。彼はかつて、進化の過程で海に帰った人類の一部が人魚になったというホモ・アクアレリウスの学説を唱えて、日本の学界を追われたのです。

そんな教授のもとに、海原密(浅野忠信)という学生がやってきます。彼は恋人の亜久里(吉野公佳)を海難事故で失い、自分だけが10日後に助かるという不思議な体験を持っていました。

STEP2

その時の記憶を失った密は、自分が助かったのは人魚のおかげではないかと考え、その答えを佐古田に求めにやってきたのです。しかし、佐古田は彼の話に耳を傾けようとはしませんでした。

ある日、友人の飯田と海に出た密が行方不明になり、1カ月後に漁船の網に生きたまま引き揚げられます。密の空白の10日間を追う、元「ネイチャーワールド」誌の記者・羽岡(江口洋介)は、彼がホモ・アクアレリウスと密接な関係にあるに違いないと、密が収容された病院に佐古田を向かわせます。

STEP3

密の体には異変が認められ、手には水かきが、首の後ろにはえら呼吸の穴が見つかります。

人魚に会ったことがあるという長老タオの証言を得た佐古田は、ホモ・アクアレリウスの存在を確信し、密の失われた記憶を催眠療法で回想してみることにします。空白の10日間に、ホモ・アクアレリウスの亜久里と交わりを持っていた密。

市長選に出馬を表明しているノリスは、密を利用して仲間を捕らえようと企みますが、佐古田と羽岡の活躍によって計画は失敗に終わります。催眠療法がきっかけで、ホモ・アクアレリウスの記憶を呼び戻した密は、亜久里とともに海へ帰っていくのでした。

まとめ

監督・原案は、この作品の前に「河童」を撮った石井竜也氏。
石井氏の原案をベースにして岩井俊二が書きあげた原作が、映画化となりました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ACRI

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ