隙間風を防ぐ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2956
  • ありがとう数:0

はじめに

玄関のドアや窓からの隙間風が、あきらかに暖房効率を下げています。
どんな対策が有効でしょうか?

STEP1【窓際にボードをたてかける】

窓際あったかボードなど、いろいろな名前でホームセンター等で販売されています。
発砲スチロール製の窓に立てかけるボードとでもいいましょうか。
窓際に立てるだけで、冷気を遮断、隙間風をストップし
暖房費の大幅節約に貢献してくれます。
また、設置もたてかけるだけと簡単、折りたたみができるものも多く、使わない時期の
収納にも困りません。

サイズによって違いますが、だいたい1000円~1500円くらいのものが多いようです。

STEP2【隙間風防止テープ】 

窓やドアのすき間風を防ぐ方法としてすき間風防止テープをはる方法があります。
テープにはいくつかの種類があり、窓の種類や目的、用途に合わせて上手に選びましょう。

手軽で比較的安価なものに、ウレタン系のやわらかい発泡粘着剤つきのテープがあります。効果は十分ですが、水分を多量に吸収しますので、風雨のあたる所には避けたほうがよいでしょう。


アルミサッシの窓枠にお勧めなのは、合成ゴム系低発泡性のテープです。
ちょうど自動車のドアや窓枠につけられているような比較的硬めのテープです。
パッキング効果も高く、ショックにも強いので防音的にも優れています。

STEP3【細長いクッション】

隙間風がドアの下からヒューヒュー吹き込んでくることもありますよね。
直径5センチ、長さ60センチ程度(ドアに合わせて長さは調節してくださいね)の袋を作り、その中に綿、もしくは砂を詰めれば簡単にできます。
これをドアの下に並べれば、隙間風を防ぐことができます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ