使い捨てライターが変わります!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:341
  • ありがとう数:0

はじめに

使い捨てライターに、幼児対策(チャイルドレジスタンス機能)が施されて販売されるのを、ご存じですか?

使い捨てライターの安全な使用法について、ご紹介したいと思います。

STEP1

日本国内では年間約6億個のライターが流通されており、そのほとんどがプラスチック製の使い捨てライターだそうです。

この使い捨てライターによる火遊びが原因で火災を起こすケースが、多く見受けられています。

そこで、子どもたちが簡単に操作できない幼児対策(チャイルドレジスタンス機能)を施したライターでないと販売できない規制が、2011年に導入されることになりました。

このライターは、規制導入に先行して販売されています。

STEP2

使い捨てライターを使用する際には、以下のことに注意しましょう。

・子どもの見えるところに置かず、子どもの手の届かないところに保管しましょう。

・子どもにライターを触れさせないようにしましょう。

・子どもがライターで火遊びをしているのを見かけたら、すぐに注意してやめさせましょう。

STEP3

ご家庭で不要になったライターは、使い切るか、ガス抜きをしてから、廃棄するようにします。

ガスを抜く場合には、周囲に火の気のないことを確認してから行ってください。

使い捨てライターは、「危険ごみ」です。

必ず他のごみと分けて、透明なビニール袋に入れて出すようにしましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ