風邪用マスクで花粉と一緒に黄砂もブロック!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:565
  • ありがとう数:0

はじめに

花粉症の季節は黄砂の舞う時期でもあります。
アレルギーの原因と考えられる黄砂も花粉と一緒にブロックしましょう。

STEP1■使い残した風邪のマスクを活用

風邪予防のマスクも花粉症には有効です。
マスクの役割は、その細かい目で花粉やウイルスを捕らえることで、人体に害を及ぼさないようにすることです。

このマスクの網目の大きさに注目してみましょう。
風邪予防のマスクは普通の顕微鏡では目に見えないような、ごく小さなウイルスの通過を防ぐために非常に細かく織り込まれています。
これに対して、スギ花粉は顕微鏡でも確認できる大きさです。
花粉症用のマスクはウイルスを通過させてしまいますが、風邪予防のマスクはウイルスと同時に花粉もブロックすることができます。

STEP2■黄砂も同時にブロック

花粉症の季節は黄砂の舞う季節でもあります。
大陸では無害であった黄砂も、大気中の様々な有害物質(カビ、細菌毒素であるリポポリサッカライドなど)を含んで海を越えて日本に降り注ぎます。

有害物質を含んだ黄砂を吸い込むことで、気管支喘息を初めとする各種のアレルギー性疾患に影響を与える可能性があります。
ある学会でも黄砂と喘息の関連性を示唆する発表がありました。
花粉だけでなく黄砂も予防することをオススメします。

STEP3

黄砂の粒子の大きさはまちまちですが、花粉よりも小さな粒子であることが多いので、花粉症用のマスクだと、小さな黄砂を吸い込んでしまう可能性があります。
これを効果的に予防するためには、やはり風邪用のマスクが一番です。

また、黄砂は花粉と同じように髪の毛やウールの素材などに付着してしまいます。
衣服や髪をパッパッと払って、できるだけ家庭の中に持ち込まないようにしましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ