花粉症の鼻づまりをペットボトルで解消!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:480
  • ありがとう数:0

はじめに

花粉症やアレルギー性鼻炎の鼻づまりをペットボトルを使って簡単に解消する方法をご紹介します。

STEP1

例えば右の鼻がつまったとき、左側を下にして横に寝ると、なぜか右の鼻の通りが良くなります。
これは、わきの下にある自律神経が圧迫されたことで、鼻の粘膜の充血が改善されるためです。

STEP2

これを応用したのがペットボトルで鼻づまりを改善する方法です。
東京都内のある病院の耳鼻科の先生が考案された方法です。
空になったペットボトルをわきの下にぐっと挟み込みます。
これだけで、数十秒もしないうちにペットボトルを挟んだ方と反対側の鼻づまりが、一時的に解消されるというものです。
ペットボトルを挟み込む位置や効果には個人差があると思いますが、ぜひ試してみてくださいね。

STEP3なお、ペットボトルでなく、ボールなどでも良いと思います。

大切なのは、挟みやすさと身近にある素材を利用することです。
一時的な効果ですので、スポーツや睡眠時のような長時間の鼻づまりを解消するためには、市販の鼻腔拡張テープをお勧めします。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ