味噌汁で老化防止を

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:477
  • ありがとう数:0

はじめに

老化防止に効果的なのは、「若返りのビタミン」といわれるビタミンE。
体のサビともいえる過酸化脂質をできにくくするので、動脈硬化も起きにくく、心疾患や脳卒中の予防にも効果的です。
また、血液の循環をよくサラサラにするので、肌色もつやもアップです。

STEP1◆納豆と落とし山芋の味噌汁

山芋はすりおろし、青じそは千切りにする。
鍋にだし汁を熱し、煮立ったら軽く練った納豆を溶かし入れ、山芋をスプーンですくって静かに落とし入れる。
火を弱めて味噌を溶かし入れ、火を止め器に盛り青じそを散らす。

STEP2◆ほうれん草と小車麩のきな粉味噌汁

きな粉と味噌汁は混ぜ合わせておく。
ほうれん草はさっと茹で水にとり、食べやすい長さに切る。
麩はたっぷりの水に5分ほど浸け水気を絞る。
鍋にだし汁を熱し、ほうれん草を入れ、味噌を溶かし入れる。

STEP3◆くずし豆腐とカボチャのピーナッツ味噌汁

かぼちゃは厚さ1cmに切り味噌とピーナッツペースト(無糖)は混ぜ合わせておく。
鍋にだし汁を熱してかぼちゃを入れ、柔らかくなったら豆腐をくずしながら加えひと煮たちさせる。
混ぜ合わせた味噌を溶かし入れ火をとめる。

まとめ

女性の味方である大豆イソフラボンの効用も加わり、体の内側から老化防止できます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ