ストレス耐性を育てる6つの鉄則

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:414
  • ありがとう数:0

はじめに

気楽にいきましょう!

STEP1【その1 現実的に合理的に】

仕事が多すぎると感じるときは、あえてノーと言う勇気をもつことも大切。やる必要のない仕事はないか考えてみよう。負わなくていい責任や、1人ではやりきれない仕事をかかえ込んでいるかも。
【その2 スーパーマン願望は捨てる】

STEP2【その2 スーパーマン願望は捨てる】

完璧な人間などいないことを覚えておこう。本当にやらなくてはならないことは何か、自分でどこまでできるか、期限を守れるかなど自問して、必要なときはためらわずに助けを求めること。

STEP3【その3 こまぎれエクササイズ】

毎日30分程度の運動は体にも心にもいい効果を及ぼす。まとまった時間が取れない人は、通勤時に歩くといい。会社でも気分転換に外を5分ほど歩くなど、短い時間に分散するといい。

STEP4【その4 誰かの話を聞いてみる】

同僚や他の会社の友人の話を聞く時間をつくろう。病気の子供の世話に追われたり、会社で仕事漬けになっていたり、自分だけが冴えない日々を送っているわけでないことがわかるはず。

STEP5【その5 わが道にこだわりすぎない】

他の人の意見に耳を傾け、必要なら方針を変える心構えも必要だ。柔軟な発想はストレスを軽減するだけでなく、問題解決のいい方法が見つかったり、仕事相手に歩み寄る気を起こさせるきっかけになることも。

STEP6【その6 アドレナリン労働はしない】

若さにまかせた働き方は20代まで。過度のストレスで疲れていると、普通の仕事量でも耐えられなくなる。そんな場合の解決法は、仕事を1つずつ片づけていくこと。急ぎのものから取り組み、終わったら次の仕事へ。これで続ける意欲もわいてくる..。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ