お国でいろいろ? バレンタインデーの過ごし方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:648
  • ありがとう数:0

はじめに


日本では、バレンタインには必ず チョコ! ですよね?
それもいいけど、今年はもっと違う事したいな~っていう人もいますよね?

外国では、プレゼントも過ごし方も、いろいろなのです。

STEP1

まず、日本・・・「バレンタインデー」の習慣を1936年、モロゾフが日本に初めて
        紹介したというのは、有名ですね。

  
         その後、東京でバレンタインチョコが本格的に流行りだしたのは、
        オリンピック以後のことだという事です。

STEP2

イギリス・・・バレンタイン・デーは、[カップルの日]という感じで、
       男女共にロマンチックな日を楽しみます。
      
       この日に婚約したりすることも多いようですよ。
       カップルでカードを交換したり、ディナーをしたりします。
       
       自分の名前を書かずに、“君のヴァレンタインになりたいな。”
       などとカードを出して、相手に想像させるというのもあります。
       この日のためのカードがたくさんあって、選ぶのがたいへんです。
      
       義理チョコ、なんていうのは考えられません。

アメリカ・・・チョコレートにキャンディに、くまのぬいぐるみなど・・・。
       基本的に女の子がいっぱいもらう日だそうです。

       でも、女の子が男の子にあげてもいいそうです。
       あげてもいいというだけで、日本みたいに絶対あげないといけない
       みたいな感じではありません。
       
       異性同士だけでなく、女の子の友達同士も
       チョコレートを交換していました。
       (日本で言う、友チョコでしょうか?)

STEP3

オーストラリア・・・女の子から男の子にあげることは、まずありません。 

韓国・・・・・・・・日本と同じで、女の子が男の子にあげて、告白します。

イタリア・・・・・・チョコレートと決まっていません。

ポルトガル・・・・・つい最近、イギリスやアメリカの影響で「恋人達の日」を
          祝うようになったそうです。

中国・・・・・・・・男性の方が、花束を女性にあげるそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ