やる気を起こさせる生活習慣

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:587
  • ありがとう数:0

はじめに

勉強でも、家事でも。やる気を起こさせる生活習慣を考えてみます。

STEP1[時間をはかることはおすすめ]

やる気が出ない、でもやるしかない、そういう時は時間をはかること。

勉強だったら、60分のタイマーをはかってその時間は勉強をすること。
家事だったら、朝の1時間で、掃除や洗濯をしちゃうこと。

宿題だったら早めにやってしまえば、後は遊べます。
家事も、やってしまえば、自分の自由時間。
そんなことを考えたら、時間をはかって「やってしまう」のが賢い選択なのではないでしょうか。

STEP2[有名料理家も…]

有名な料理研究家の栗原はるみさん。
栗原はるみさんも、時間をはかってご飯作りをする一人です。

ガスのコンロでご飯を炊いている間の30分間に、他の料理をささっと作ってご飯にしますと言います。

ご飯を炊いて、あつあつを食べさせたいから、その間にご飯作りをがんばる。
一つの目安として、とてもいい方法だと思いました。

STEP3[まとめてやるから面倒]

勉強も、家事もまとめてやるから大量で面倒になってしまうのだと思います。

なので、やる曜日を決める。
家事だったら、月曜日に洗濯、火曜日に掃除、水曜日に庭そうじなど。
掃除は毎日やらなくても気にならなければいいもの。

同じく、勉強も、毎日少しずつやると違います。
教科書を読んでおく、次のページの英文をノートに書き写しておくだけでも違いますよ。

気付いたときが始めるとき。
タイマーを準備してやってみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ