上手な子供の叱り方としつけ方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:653
  • ありがとう数:0

はじめに

上手な叱り方としつけ方

STEP1外食時の子供のしつけ

外食時の子供のしつけは非常に重要です。特にファミリーレストランなどでは、子供同士やお年寄りとの店内の接触事故は少なくないのです。そんな時の上手なしつけ方を解説します。

STEP2食事の時の悩み

食事の時の悩みとして、「子供が最後まで座っていられない」という悩みがあります。これは、食事環境が原因で起こります。解決策として、親も一度、食卓に着いたら、食べ終わるまで立たないようにする事です。

STEP3上手な叱り方・しつけと恐怖政治は違います

上手な子供の叱り方は、大声で怒鳴るのではなくて、諭す事です。また、言う事を聞かない場合やわがままを言う子供をコントロールしたい時には、実は「無視することが最も効果的」です。

STEP4子供を叱る役割はパパ?それともママ?

子供を叱る役割はパパ、ママどちらが良いのでしょうか。実は、どちらでも構わないのですが、大事なのは叱った後のフォローなのです。2歳児頃は反抗期がありますが、怒りっぱなしだと心に傷を残す場合もあるのです。

STEP5子供はいつから叱る?

子供のしつけとして、何時から叱れば良いのでしょうか。基本は、1歳半頃の親の言う事を認識し始める年頃から叱るのが良いでしょう。1歳までは叱る必要はありません。

STEP6親は見られています

子供からすると親は常にお手本となるべき存在です。二歳頃からは、交通ルールを覚える必要がありますが、親が交通ルールを守らなかったり、危険行為をするなどは言語道断です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ