勉強嫌いの子を持つ親として知っておきたいこと

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:329
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ??
英語をなぜ勉強しなくてはならないのか?という気持ちが強すぎて…まったくやる気を見せません。

STEP1

私の場合、音痴でしたが、好きなハモニカを吹いているうちに先生から歌い方も良くなって来たと言われるようになりました。

STEP2

あまり好きでなかったのは生物で、何で葉っぱの特徴など覚えねばならないのかと疑問でした。数学の問題を解くのはさほどは苦ではありませんでした。

STEP3

好き嫌いは誰しもあるし、それが学科の得意不得意や理系文系の選択などにつながって行くのだろうと思います。それにしても昨今英語嫌いは多いですね。大学で中学レベルを教えねばならないと嘆いている英語教員は多いのです。

STEP4

小学校で英語を教えるべし、との意見も危機意識から出た提言でしょうね。フィリピンの人などが英語がうまいのは生活に必要だからでしょう。小学校から英語のTVを見て育っているのでしょう。

STEP5

なかなか親の思うようには子供は動いてはくれません。ですが、これは親として知っておいて頂きたいので、頭のかたすみに置いといてください。

STEP6

そもそも学習というのは「学校での授業」「塾での授業」「家庭学習」の3つが揃って初めて効果が出るものです。家庭学習をしなくてお困りなら、1度お子さんが通われている塾へ相談してみてはいかがでしょう?個別指導の塾であれば家庭学習の状況も把握・指導していると思います。

STEP7

予備校ですが、こちらは集団授業の形なのである一定以上のレベルのお子さんだと成績が上がることが期待できますが、例えば「英語だけが極端に苦手」というようなお子さんの場合、個別指導の塾の方が合っていると思います。

まとめ

本人が、興味があったり自分自身に必要と感じてくれれば、ほっておいても勝手に勉強すると思いますが。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ