不祝儀袋の書き方で悩まないためには

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:355
  • ありがとう数:0

はじめに

葬儀に参列する際に持っていくお香典。買おうと思ったら、香典袋に書かれている文字が何パターンかある…どれを持っていけば良いのでしょうか。

STEP1香典袋は宗教によって異なります。

表書きは、

仏式:
「御霊前」「御香典」「御香奠」「御香料」
神式:
「御玉串料」「御榊料」「御神前料」「御神饌料」
キリスト式:
「御花料」…カトリック、プロテスタントともに用いられる表書き。
「御ミサ料」…カトリック教会の葬儀に。

STEP2

宗教がわからない場合・・・仏式、神式、キリスト式など共通に使用できる表書きが、「御霊前」ですが、蓮の模様があるものは仏式ですので、相手の宗教がわからない場合は模様の無い「御霊前」を使用します。

「御霊前」という袋を選ぶのが無難でしょうね。 ただし、浄土真宗やキリスト教のプロテスタントでは正式ではないそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ