何科にかかればいいかわからないとき

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1215
  • ありがとう数:0

はじめに

体調が悪く、病院に行こうと思っても
どの科を受診すればいいのか迷う事が
ありませんか?

STEP1 総合病院なら、おもな症状を相談すれば適切な診療科を紹介

してくれます。しかし、近所のクリニックなどを受診する場合は、
内科に行きましょう。

STEP2 まずは内科で症状を詳しく相談するのです。

その場で治療がすぐ受けられたり、治療できない場合は他の診療科を
紹介してもらうことができます。たとえば湿疹やじんましんなどは
皮膚科を受診しますが、取り急ぎかかりつけの内科を受診しても
副腎皮質ホルモンの軟膏などを処方してもらえることがあります。

STEP3

 プライマリーケア(最初の診断・治療)のよしあしで、その後の回復
を左右することもありますので、普段から信頼して相談できるかかり
つけ医を持っておくといざというときに安心でしょう。
 
 ちなみに、内科や外科など、医療機関が看板に掲げている診療科目を
「標榜科目」といい、医者が自由に標榜してもいい事になっています。
医学部では全ての診療科目を勉強しますし、国家試験も全ての診療科目
から出題されます。国家試験に合格すると大学病院で専門を学び始める
のです。医師の国家資格は診療科目別にはなっていませんから、医師
免許があれば、どの科目も診療する事ができるのです。
 ですから、実際には外科が専門の医師が全く専門外の内科を標榜して
開業することもあるということです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ