持ち家を担保にその家に住みながら、お金をゲット「リバースモーゲージ」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:636
  • ありがとう数:0

はじめに

持ち家を担保にその家に住みながら、お金をゲットできる「リバースモーゲージ」を紹介します。

STEP1[リバースモーゲージとは何?]

リバースモーゲージとは、端的に言うと住宅ローンの逆のしくみ。
家を手に入れるために持ち家を担保にその家に住みながら、お金を得る方法です。
返済方法は家の持ち主が亡くなった後、家と土地を売って返すのです。

銀行によっては、所定の手続きを踏めば家の持ち主が亡くなった後、現金で返済ができます。この場合だと配偶者が引き続き住むことも可能です。

STEP2[標準いくら借りられる?]

一体いくら借りられるのかというと、大体評価額の80%。

評価額が3000万だったら2400万まで借りられます。
この方法だと、お年寄りでも持ち家さえあれば老後の備えにあてられます。

STEP3[メリットとデメリット]

このリバースモーゲージ、「いざとなったら」利用しよう、と考えればいい方法です。

「いざとなったら」と条件つきにしたのはデメリットがあるからです。

家の主人が借りている場合、主人が死んだら配偶者は家がなくなってしまうかもしれません。その家の名義が連名なのかどうかも確認ポイントです。

家の評価額は、新築で購入したときよりも格段に安くなります。
そのことも要注意ポイントです。

老後の貯金額が不安だと思ったときに利用選択肢の一つとして考えればいいのですが、遺産はなくてもいいや、などと考えて気軽に利用してしまうと、亡くなった後に配偶者や血縁者に迷惑をかけてしまう可能性だってあります。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ