廃油を使った簡単な石けんの作り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:367
  • ありがとう数:0

はじめに

揚げ物に利用した廃油。
捨てる前に、石鹸として利用してみませんか?
廃油で石鹸・・・抵抗のある方も多いのではないでしょうか?
しかし、油は、古ければ古いほど、固まりやすく、良い石けんが
出来上がる!のです。
2~3回使用したものよりも、7~8回使用した油のほうが、良い石鹸になるそうです。

STEP1ペットボトルを綺麗に洗い、穴やヒビが無いか確認する。

確認後、ペットボトルに水道水40mlを入れる。
危険ですので手袋とメガネをして、苛性ソーダをペットボトルの中に注意して入れる。

STEP2

ペットボトルのふたをしっかり閉めてペットボトルの上を持ち、苛性ソーダが溶けるまで左右に振る。
大体3分位振るとと、苛性ソーダが溶けて水が透明になります。
苛性ソーダ水溶液は発熱しますので、下をもたずにに上を持って下さい。
発熱していても、手で持つ事は出来ます。

STEP3ペットボトルの中が熱くても、廃油をペットボトルに入れる。

廃油を入れふたをしっかり閉めて、強く振ります。
30秒、前後左右上下に、激しく振ったら、10秒ほど、休む。この作業を、5回程度繰り返して下さい。
振った時間の合計が、5分以上になるまで繰り返して下さい。

STEP4

ペットボトルの中身に、とろみがついてどろどろしたら、牛乳パックの中に注ぎます。
牛乳パックの口をテープなどでしっかりとめて、1日程度放置して下さい。
1日経って中身が固まっていたら、取り出します。
取り出したら、ラップで包み3日置きます。
3日後カットして使用して下さい。

関連するタグ

必要なもの

・食用油の廃油 100グラム ・苛性ソーダ13グラム ・水道水40ml ・500mlのペットボトル(フタ付き) ・1Lの牛乳パック

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ