畳の表返しや張替えのタイミング

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:570
  • ありがとう数:0

はじめに

畳が色あせてきた・・・畳の表面がささくれだってきた・・・今回は畳を交換するタイミングをご紹介します

STEP1裏返し

畳を新調して4、5年くらいたったときに「裏返し」をオススメします。
「裏返し」とは、元ある畳表を表裏を変える事です。
これで色あせていた畳の表面が新品のように滑らかになります。

STEP2表替え

7,8年、長くても10年以内に「表替え」をオススメします。
「表替え」は、畳床はそのまま使い、畳表をはずして新しいものと替えてしまうことです。
7,8年たっていなくても、表面がささくれ立ったり、ひどいシミがある場合も「表替え」をオススメします。

STEP3上記の「裏返し」「表替え」のタイミングはあくまで目安です。

使用状況や環境によっては、早く傷んだりあるいは長持ちしたりします。
畳の色や表面の具合を見て、畳屋さんと相談しながら判断しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ