「あかぎれの手」に貼るテープの効果的な使い方とは!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1921
  • ありがとう数:0

はじめに

毎年、この時期になると「しもやけ」や「あかぎれ」に悩む人もいますね。「今年こそは!」と祈るような気持ちで万全の対策をしていても、「あっ」という間にできていることもあります。「しもやけ」も大変ですが「あかぎれ」の傷口の痛みは半端じゃないですね。ここでは、そんな「あかぎれ」の痛みを和らげるために使うテープについて考えてみました。

STEP1

市販の傷口をガードするテープは「あかぎれ」の傷口にも使えます。しかし、そのままのサイズで貼ると、手がテープだらけになりますし、テープももったいないですね。

STEP2

そこで考え付いたのが、テープを縦半分に切って貼る方法です。そうすると、スマートで見た目もいいです。

STEP3

縦半分になったテープを三等分して、ガーゼ部分を除いた部分を使うと、さらにシンプルになります。

まとめ

はがすときは正直いって痛いですが、どっちみち「あかぎれ」の痛みはあるのですから、それくらいは我慢しましょう(笑)
また、テープを縦半分に切る方法は、細い傷テープがない場合も流用できて大変お得です。

できるなら「しもやけ」や「あかぎれ」をつくらないことがべストですが、できてしまったものは仕方ないと割り切りましょう。

関連するタグ

必要なもの

傷テープ はさみ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ