余った恵方巻きのアレンジ調理法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

2/3は節分です。 「恵方巻き」と呼ばれる1本の太巻き寿司を、 その年の恵方(2011年は南南東)を向いて 無言で食べる… という風習は、もともと関西の節分の 定番だったのですが 近年は全国に広まっているようです。 縁起物だから、季節行事だから、と 買ったり貰ったりした恵方巻きが翌日に余ってしまう… そんなご家庭もあるのではないでしょうか? (我が家も2人で6本貰って3本消化しましたが、  3本残っています) 1本でもかなりのボリュームがあるし、 さすがに1人で2本以上食べるというのは いくら縁起物でも飽きがきてしまいますよね。。。 そこで、余った恵方まきのアレンジ調理方法を いくつかご紹介したいと思います。

STEP1☆焼きおにぎりならぬ、焼き恵方巻き

1)恵方巻きを6つ切り(または8つ切り)にして
   断面に醤油を軽くつけます
2)フライパンで両面をこんがり焼きます

食べるときにマヨネーズをちょっとつけると、
美味しさが倍増しますよ!

STEP2☆恵方巻きでがっつりご飯

1)恵方巻きを8つ切りにして、器にいれ
   お箸で中身をほぐします
2)甘辛いコチュジャンのタレをかけ、
   1口サイズに切ったキムチをのせます
   
   ※辛いのが苦手な方は、だし汁をかけて
    お茶漬け風にするのも◎です

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ