ダイエットのための食べ方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:222
  • ありがとう数:0

はじめに

ダイエットのために食習慣を見直す時、基本になることは「ゆっくり食べる」ということです。

STEP1食べ過ぎの大きな原因は「早く食べる」ことです。

空腹を感じて食事をするとブドウ糖が消化吸収され、血糖値が上がって満腹中枢を刺激し満腹感を感じます。
でもそれには食事を始めてから15~20分かかるそうです。
食事時間がこれより早いと満腹中枢から情報が出る前に食べてしまい、本当は満腹になっているのに満腹感を感じることができなくなってしまいます。
そのためたくさんのエネルギーを摂取することになって肥満の元になります。

STEP2「ゆっくり食べる」ためには

①食べ物を一度口に入れたら箸を置いて20回以上噛むようにし、食事時間は20分以上かけて食べましょう。
②ご飯とおかずを交互に、別々に味わって食べると食事に時間がかかり早食いになりません。
③肉や野菜などの素材を意識して大きめに切って調理すると、食事の時に噛む回数も増えゆっくり食べられます。
④骨つき、殻つきのものなら食べるのに時間がかかってゆっくり食べられます。
⑤白米より玄米、やわらかいパンよりかためのパンにしたり、海藻、きのこ、肉など繊維が多いもので噛む回数を増やしましょう。

まとめ

習慣になった食べ方を変えるのは大変だと思いますが、少しずつ慣れていきましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ