難しい言い回しを使う方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:627
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
簡単な言い回しもいいですが、格式高い文を書きたいときは、難しい言い回しも使いたいですね。

STEP1①漢語を使う

難しい言い回しを使うのならば、
漢語を適当なところで使うと良いでしょう。

といっても、いきなり知らない漢語を多様するのは無理ですから、
漢語辞典をかたわらに置きましょう。

最初から多様はせず、
少しずつ漢語辞典から拾い、用例を使いながらおぼえていくと良いです。

STEP2②文語体の文から

実際の用例と照らし合わせながら使用すれば、
使いどころをあやまらず、
よって、知ったかぶりの使用と思われるのを避けることができます。

①のように、辞典をかたわらに置きながら使ってみるのが大事ですが、
それに加え、文語体の文から言い回しを拾ってみましょう。
特に明治あたりの文語文は、今の言葉に近いにも関わらず、
難しい言い回しを多様しています。
これを参考にするとよいでしょう。

STEP3③類語辞典

言い回しを変えるのであれば、
類語辞典が便利です。

簡単な言い回しを、徐々に類語辞典で難しい言い回しに変えていきましょう。
これで、簡単に書いた文でも、難しくできます。

まとめ

使いまわしは、自分の感覚で行うのがベストです。そこで、難しい言い回しをするには、それを身につける必要があります。普段から色々な本を読み、その言い回しを普段からまねてみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ