危険性が高まる「Androidウイルス」、適切な対策が不可欠に

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6916
  • ありがとう数:0

はじめに

情報セキュリティに関する相談などを受け付けている情報処理推進機構(IPA)は2011年2月3日、スマートフォンを狙ったウイルス(悪質なプログラム)の危険性が高まっているとして注意を呼びかけました。 

STEP1

2010年8月以降、Androidで動作するウイルスが複数確認されています。
今のところ国内では被害報告はないが、国内ユーザーであっても被害に遭う危険性が高まっているとして、IPAでは2011年1月に注意を喚起する情報を公開しました。
それに引き続き今回、改めて注意を呼びかけています。

STEP2被害に遭わないための対策としては、

(1)信頼できる場所から、正規版のアプリを入手する。
(2)「提供元不明のアプリ」設定のチェックを外しておく。
(3)アプリのインストール時に表示される「アクセス許可」に注意する。
(4)セキュリティソフトを導入する。
ことを挙げています。

STEP3具体的には

・Androidの設定において、「提供元不明のアプリ」の項目のチェックを外しておく事。
・初期設定ではチェックが外れているので、Androidマーケット以外からアプリを入手する場合は、その配布元が信頼できる場合に限り、このチェックを一時的に外す。

STEP4

Android向けのセキュリティソフトを使うことも、対策として効果があるとされています。しかしながら現状では、多くのメーカーは海外版やベータ版のみを提供しているのが現状です。日本語版の正式版を提供しているのはマカフィーだけですが、マカフィー製品は、ソフトバンクのユーザーに対してのみ提供しています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ