簡単な巻きずしの作り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5845
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by catherine-z
巻きずしというと、難しそうに見えます。
それに、作れたら、料理上手に見られるかも!?

簡単に子どもでもできる巻きずしの作り方をご紹介します。
子どもさんとご一緒に作るのもお勧め★

STEP1ごはんをちょっと硬めに炊きます。

あれば、昆布を少し入れて炊くと美味しいです。

炊き上がったら、酢、砂糖、みりん、だし(顆粒)を混ぜたものをちょっとずつ加え、ごはんを切るように混ぜます。
酢、砂糖、みりん、だしの割合はお好みです。
ごはんに入れる前に味をみましょう。

STEP2たまごやきを作り、1~1.5センチ角の形に切ります。

きゅうりも同じくらいの大きさに切ります。
きゅうりがなければ、ホウレンソウをしょうゆ、砂糖、みりんで軽く煮たものを入れても美味しいですよ。
その他、カニカマやかんぴょうなどの具材をお好みで準備します。
小さなお子様が食べる場合は、かんぴょうはのどにつまりやすいので、小さく切るなど工夫します。

STEP3海苔を軽く火であぶります。

この海苔で、巻きずしの味の良し悪しが決まります。
自分の好みに焼き海苔を探すといいですよ。

STEP4巻きすを広げ、その上にラップを巻きすより大きめに広げます。

(これで巻きすに海苔やごはんがくっつかなくなるので、洗うのも、2本目を作るのも楽になります。)
そのラップの上に海苔をのせます。
その上に酢飯を広げていきます。
手前1,2センチ、奥4センチほどあけておきます。
そのほうが仕上がりがいいですよ。
ごはんは隙間なく同じ厚さに広げましょう。
少し抑え込むように置くと巻きやすくなります。

STEP5酢飯の上にお好みの具材をのせます。

のせるのは、真ん中より手前に置きましょう。
そして、巻いていきます。
ラップで巻きずしがくるまれている状態で、少し時間を置くと、最後の海苔の部分がピタッとくっついて、仕上がりがよくなります。

この巻く部分や、ごはんを海苔に乗せる部分などをこどもさんにやらせると、喜びますよ。

STEP6一口大に切っていきましょう。

だいたい1.5センチ~2センチ程度です。
そして、お皿などに盛りつければ出来上がりです♪

まとめ

細い巻きずしのように作って、それを巻きずしに入れる形で巻いていけば、
可愛いお花なども簡単に作れます。

また、具材で色に困ったら、ごはんをあらかじめ、赤米や黒米を入れて炊いておけば、
ごはん自体の色を楽しめる巻きずしが出来上がります。

必要なもの

米 酢、みりん、砂糖、だし 海苔 具材はお好みで。 巻きす(なければ、ラップだけでもどうにかできますよ。)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ