乾燥対策【外出編】

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:375
  • ありがとう数:0

はじめに

乾燥しやすい室内であれば、加湿する方法も色々ありますが、
冬の乾燥する季節には、外出時に紫外線や風に直接さらされ、乾燥も進行しがちです。
外出時も乾燥対策を忘れないようにしましょう。

STEP1肌がカサカサ

化粧をしないで外出した場合は、途中で化粧水をコットンに染み込ませて、(ごしごしこすらずに)顔の上に軽く押し付けるようにします。
浮いてきた脂を取りながら、水分を補給します。
化粧をしているときは、酸化している化粧を一度落としたいものです。
その後、化粧水→乳液→クリームを塗り直すといいでしょう。
そのひと手間で、お肌を回復することができます

STEP2喉が痛い・・・風を防ぐ工夫を。

陽射しや風のある日は、洗濯物が早く乾きます。
それと同じで、乾燥しやすいのが午後2時~3時ぐらいです。
外出時には、マフラーやマスクで顔を覆いましょう。
室内などに長時間いるようなときは、直接暖房の送風が当たらない位置に居るようにしましょう。

STEP3全身がかゆい・・・乾燥肌を解消する体作り

顔や全身の皮膚のキメを整え、粘膜を強くするのが一番です。
乾燥肌を解消するには、規則正しい生活を送り、栄養バランスのいい食事が特に大切です。
そして、全身運動であるウォーキングが有効です。
陽射しが強く乾燥する時間を避けて、朝や晩に有酸素運動であるウォーキングをすることで、
免疫力アップに繋がり、粘膜を強化します。

まとめ

湿度と肌の関係

湿度  65%~ 湿っぽく、お肌ベタベタ
    60~65% お肌には快適
    50~60% 乾燥が始まりだす
    40~50% 保湿ケア必要
    30~40% かなり乾燥
    30%以下 超乾燥

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ