ストレスに強くなる栄養素

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:614
  • ありがとう数:0

はじめに

おいしい食事を摂ることは、ストレス解消に大きく役立ちます。

家族や友人と一緒においしいものを食べると、それだけで気持ちが楽しくなって、ストレスが吹き飛んでしまうこともありますね。

ストレス解消に良いといわれる栄養素をご紹介します。

バランスの良い食事を心がけるための、ご参考になさってください。

STEP1<ビタミンA、カロチン>

うなぎ、レバー、卵黄、緑黄色野菜、のり

効果:ストレスに対する抵抗力を高める

*レバニラ炒めやカラフルな野菜、時にはうなぎを食べて、スタミナをアップしましょう。

STEP2<ビタミンB1>

豚肉、玄米、納豆、落花生、しいたけ、のり、牛レバー

効果:神経のはたらきを正常化、活性化する

*玄米は微量ミネラルの宝庫、納豆は若々しさを保ちます。

豚肉やしいたけを入れた鍋も良いでしょう。

STEP3<ビタミンC>

イチゴ、キウイ、じゃがいも、さつまいも、緑茶、もやし

効果:体の抵抗力をつけ、心身を安定させる

*ストレスを感じると、ビタミンCが破壊されるといわれます。

朝食には、フルーツを摂るようにしましょう。

コーヒーや清涼飲料水を、緑茶に替えてみましょう。

じゃがいもやさつまいもは、美容にも効果的です。

STEP4<カルシウム>

牛乳、チーズ、ヨーグルト、しらす干、ひじき

効果:天然の精神安定剤ともいわれる。

不足すると、不眠やイライラに

*毎日牛乳やヨーグルトを摂る習慣をつけましょう。

しらすごはんや、ひじきサラダなど、積極的に食べるようにしましょう。

STEP5<マグネシウム>

小麦ふすま、アーモンド、そば、胚芽、ココア

効果:気持ちを鎮静化し、イライラや神経過敏、不安を抑える

*全粒小麦パンを選ぶようにしたり、うどんよりもそばを選んだり、精白されていないものを積極的に食べましょう。

まとめ

朝食にパンやサラダ、フルーツを摂ったり、ごはんと納豆やのりを食べるなど、朝からなるべく栄養を摂るようにしましょう。

朝から忙しい方や、食欲がないという方は、なるべくフルーツジュースや野菜ジュースを飲むなど、体にビタミン、ミネラルを取り入れるように心がけましょう♪

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ