東北弁をマスターする!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by PMX-003
東北弁をマスターしてあなたもバイリンガルに!

STEP1「か」「た」行は大抵濁音にする。

例:よかった ⇒ よがっだ

STEP2「し」の発音は、「す」の口の形をして「し」という。

「ち」の場合も同じ。

STEP3標準語のイントネーションと逆にしてみる。

まとめ

津軽平野の厳すい寒さば想像しで口ぁ凍えてるイメージでしゃべってみだらいがっけなあ

関連するタグ

必要なもの

恥ずかしがらずに大きな声で。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ