うつぶせ寝で血行改善

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:628
  • ありがとう数:0

はじめに

もちろん個人差はあると思いますが、
うつぶせで寝るだけで血行を改善する効果
があると言われています。

うつぶせ寝の効果と併せて
簡単にご紹介したいと思います。

STEP1☆うつぶせ寝の効果を知る

うつぶせ寝自体は元々、『腹臥位療法』という呼び方もあり
看護の現場などでも採用されているそうです。

人は四つんばいから二足歩行に進化しましたが、
内臓の仕組み自体は、四つんばいの時のままなのだとか。
そのため、四つんばいの時の寝方(=うつぶせ寝)に
戻す事により血管の圧迫を抑え、血行改善や身体の凝り
便秘やいびきなどにも良い影響を及ぼすと言われています。

STEP2☆うつぶせ寝をしてみる

とはいえ。
仰向け寝に長年慣れ親しんだ方からすると、
いきなりうつぶせ寝に変えるのは難しいといえるでしょう。

夜寝る前に15分くらいと
朝起きてから起き上がるまでの15分くらいを目安に
うつぶせ寝に変えてみる。
それだけでも効果があると言われていますので
一度お試し下さい。

最近はうつぶせ寝をしやすいような(整骨院などによくある)
顔の鼻と口の部分が開いた状態になっているマットレスや
穴あき枕もありますので、こういったものを活用してみる
というのも良いのではないでしょうか。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ