お中元、お歳暮の辞退の仕方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

日本人の習慣でお世話になった人にお送りするお中元やお歳暮で困ったことないですか?

本来はお返しはしませんが…

本来、お中元、お歳暮は「お世話になった方へ」する物でお返しはしませんが、どうしても心苦しいと言う意味で「半返し」(頂いた半額の物を送る)をする事が一般的です。

先方も「去年も贈ったからとりあえず贈っておこう」などと惰性になっていたり、やめるタイミングを失っているのかもしれません。

辞退の場合は「倍返し」で意思表示

「辞退」の時は「倍返し」(頂いた倍額の物を送る)をして「意思表示」をします「倍返し」をされる時に「今までのお気持ちは有り難いが、今後はお気遣いを不要にしていただきたい」旨を添え書きしますこれは一般的なマナーなので仕事関係の方ならご承知だと思います。
仕事関係以外でも、例えば「お仲人さん」にお中元、お歳暮をされていてその方の立場にも寄ります。

「先に辞退」というのも順序が逆です。
今年のお中元、お歳暮の様子を見て送られて来た方のみ「倍返し」と添え書きで充分相手には伝わります。

まとめ

あくまでも参考です。 おつきあいは、大事です。よく家族と話し合い検討することをお勧めします。

<参考サイト>今後、お中元やお歳暮を御辞退したい場合の手紙の書き方。 http://letter.sincerite-shop.com/otyugen_reijyo.html http://chiebukuro.toremaga.com/dir/detail/q1243369982/

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ