再就職手当って?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ちゃら222
雇用保険に加入していた企業を退職された方で、雇用保険受給(失業手当)の手続き後 一定の条件下で再就職された場合に「再就職手当」というものが支給されます。 手続きの期限が再就職してから1カ月というものですので、こういう制度を知らなかったり、 うっかり申請期限を過ぎてしまって支給されるべきものが貰えなくなってしまわないように 「再就職手当」の概要をご紹介します。

STEP1

雇用保険の受給の手続きが完了していることを踏まえてご説明します。

STEP2支給条件は

①再就職日の前日における受給期間満了日までの基本手当の受給日数が1/3以上で
45日以上ある
②待機期間(7日間)経過後の再就職である
③再就職先で1年以上雇用されるのが確実である
④再就職先で雇用保険の被保険者になる
⑤再就職先が退職前の会社や関連企業でない
⑥就職日前3年間に再就職手当・早期再就職支援金・常用就職支度金を支給されてない
⑦求人申込をして受給資格者認定を受けた日より前に採用が内定した再就職先でない
⑧失業給付金の給付制限を受けている場合、待機期間満了後1ヶ月間はハローワークや
一定の職業紹介所の紹介による就職である

STEP3申込手続き 

①「雇用保険受給資格者証」
②「失業認定申告書」
③「採用証明書」→「受給資格者のしおり」の後部についてます


上記を持参して(③は後日でもOK)所轄のハローワークへ「再就職」の申告に行きます。
すると、ハローワークより「再就職手当支給申請書」をもらえれるので、必要事項記入→再就職先
に証明欄を記入してもらい再度ハローワークへ提出します。

提出の期限が再就職日より1カ月ですのでこれは厳守しなくてはなりません。

まとめ

こういう制度を知らなくて支給されなかったり、期限を過ぎて支給されなかったりと言う事がないように詳細は所轄ハローワークできちんと確認してください。 細部については個々のケースで対応とのことらしいので、雇用保険の手続きや受給申請中は ハローワークに頻繁に通うことも大切な就職活動です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

退職した際の書類やハローワークで受領した書類は大切に保管しておくようにしましょう。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ