レンタルとリースの違いは?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

CDやDVDなど「レンタル」といいますが、「リース」の言葉も耳にしたことありませんか。「レンタル」も「リース」も意味は同じで「貸家や賃貸」なのですが、ふたつの違いは?

STEP1【レンタル】

貸し出す相手は個人。
企業で借りてもかまわないのですが、貸す側の扱いは個人と同じ扱いのようで、基本的に貸し出し期間は短期ということです。
レンタカー、撮影機材、ギャンブル用品一式など、「レンタル」される品も今や多種多様です。ウイークリーマンションなどは、まさに大きな「レンタル」品です。

STEP2【リース】

貸し出す相手は企業。
貸し出す品は、コピー機、ファックス、コンピュータ機器など事務機器が中心です。
「レンタル」は借りたい品を選んですぐに持ち帰ることが出来ますが、「リース」はそうはいきません。まず「リース会社」と賃貸契約を結ぶ必要があるのです。
この点が面倒ですが、購入しなくても最新の機器を手軽に使用できるという点を考えると企業側にとっては、良いシステムですよね。
今やデスク、ロッカー、事務機器から大型機器まで大半を「リース」にしている企業もあるようです。

STEP3●「レンタル」は個人が相手で、しかも短期間。

●「リース」は企業が相手で賃貸契約が必要。

「レンタル」や「リース」というシステムはいいと思うのですが、「レンタル父さん」や「レンタル孫」といった「レンタル家族」はどうなんでしょうか…
個人的な意見ですが、なんとなく寂しい気がします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ