妊娠中の便秘、要因と軽減法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:532
  • ありがとう数:0

はじめに

妊娠中はなぜ便秘になりやすいのでしょう。

STEP1

妊娠後期になると、子宮も大きくなり腸を圧迫。運動不足も重なって腸の動きが悪くなり便秘になりやすくなります。
また、妊娠中は黄体ホルモンが優位になり、この状態が腸の働きを鈍くするとも言われています。
つわりや、胃が圧迫されることで食べる量が減ると、便のかさが不足し便秘になるとも考えられます。

STEP2<食物繊維をたくさんとりましょう>

食物繊維は、腸のかさを増したり、ぜん動運動を促したりしてくれます。
野菜や果物、海藻類、豆製品など多くの食材から積極的にとりましょう。

STEP3<乳酸菌で腸内環境を改善>

ヨーグルトなどの発酵食品で乳酸菌を摂取し、腸内の善玉菌を増やしましょう。
腸内環境をよくして、便秘しにくい体を作りましょう。

STEP4<適度な運動をしましょう>

ウォーキングなどの、無理のない負担にならない運動を毎日しましょう。
出産する時の体力作りにもなりますし、出産後の赤ちゃんとのベビーカーでのお散歩コースを探してみるのも楽しいですよ。

まとめ

朝食後など毎日決まった時間にトイレに行く習慣をつけるのも効果的。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ