子どもの遊びと家庭学習は両立できるか

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:295
  • ありがとう数:0

はじめに

小学校低学年の子どもは、いろいろな願望を持っています。TVもみたい。遊びたい。宿題もやらなきゃいけない。他の勉強もしたい。・・・すべてを希望通りにかなえてあげるのは難しいのでしょうか?

STEP1どんな子どもでも、学びの意欲はもっています。

おもしろくない勉強は勉強じゃない、でいいと思います。
だって、ただの丸暗記や将来到底役に立たないような学力は、子どもだってやっていておもしろくないと感じるものです。それが、人間的な証拠です。

STEP2では、おもしろい勉強とは?

おもしろい絵本・図鑑・写真などを用意して、親子で一緒に読んでみたり、
詩を一緒に朗読してみたり(1年生向けのような)、
草花をじっくり観察したり、
運動や触れ合い遊びをやったり、
ひとつの漢字の意味をじっくり話し合ったり、
そんなところからはじめるといいでしょう。

親としてはテキストを1冊与えて「自分でやって」と言いたいところですが、小学生とはいえまだ子ども、親が一緒に面白がってやる必要があります。

STEP3

小学校低学年は、大人には想像できないくらい、いろんな物事が新しくてキラキラしてみえる時期です。だからこそ、多様な学習が考えられますので、子どもらしく楽しく学べる内容にこだわることをオススメします。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ