愛媛の少年の日という行事ご存じですか?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

愛媛県では、14歳を祝う少年の日という行事があります。今回、ご紹介したいと思います。
中学2年生の2月の第1週目に、「少年式」という名前で、各中学校で保護者の方々も、参加し式典行事が行われます。
昭和39年12月に「自覚・立志・健康」の3大目標に合わせて、各家庭で、祝福をすることに、なり、昭和40年2月この年より県下全中学校において「少年式」の式典が行われ始めました。

STEP1少年式の目標

自覚とは、14歳になれば少年法が適用され刑事責任能力が、あると認められ自分の行動にこれまで以上に責任をもつ。

STEP2

立志とは義務教育も終わりに近づき、進路を決める時期。自分の特性を活かし社会に貢献できるよう将来の方向を考え進んで行く。

STEP3

健康とは心身共に急速に成長している時期。規律と節度ある生活を心がけ、美しくたくましい心と体づくりをする。

まとめ

歴史的にも、女子は「もぎ」、男子「元服」と言って、11から15歳の少年少女に社会人への自覚を持たすための儀式がおこなわれていたというとこからの、今の時代にも残る愛媛の大切な行事です。
親も子も改めて、こどもから大人への成長の階段を上っていることを、意識することができます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ