あごのたるみを防ぐ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:337
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
ふけて見られる原因の1つは、老廃物がたまったフェイスラインです。
老廃物を流してたるみを消せば、3歳若返ります!!

STEP1あごの骨の際に親指を押し込む

親指の腹全体を使い、あごの骨の際にグッとくいこませます。

STEP2フェイスラインに沿って耳たぶのウラへ

力を入れたまま、骨の際にそって耳たぶのウラにあるクボミ(耳下腺リンパ)まで親指を移動させます。
あご→耳たぶウラまでの運動を5回繰り返します。

STEP3耳下腺リンパから首筋をほぐします

耳にウラに反対側の手を添え、指の腹に力を込めて鎖骨まで、なで下ろします。
これも5回繰り返します。

STEP4肩のつけ根と鎖骨が交わるクボミに指を押し入れます

人差し指と中指の腹を肩のつけ根と鎖骨が交わるクボミにグッと押し入れます。
老廃物を鎖骨におしあてて流すイメージです。

STEP5体の中央まで指を移動させます

鎖骨の際にそって手前に指を引き寄せるように体の中央まで指を移動させます。
これも5回繰り返します。

STEP6鎖骨の下側も同じようにほぐします

鎖骨の下に指を移動し、身体の中央から肩、腕のつけ根へと老廃物を流します。
5回繰り返します。

STEP7わき全体をつかんでほぐす

わきのくぼみに人差し指から小指までを押し入れ、腕のつけ根に親指を押しあてながら脇全体をつかみほぐします。

まとめ

老廃物が溜まりやすい、耳の下をほぐすだけでも効果はあります。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ