4月2日をさかいに就学年齢がきまる訳

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:277
  • ありがとう数:0

はじめに

なぜ、きりのよい「4月1日」ではなく「4月2日」をさかいに就学年齢がきまるのでしょうか?

STEP1

「年齢計算に関する法律」によると、満年齢は「誕生日の前日」に達することになっています。ようするに「誕生日の前日」に年をとるということですので「4月1日生まれ」なら、3月31日に年をとります
就学時期の子供だと、誕生日が「4月1日」の子は、3月31日に満6歳ということになります。

STEP2

次に「学校教育法」では、「満6歳に達した日の翌日以降の、最初の学年の初めから就学させる」となっています。
つまり、「4月1日生まれ」の子供は、3月31日に「満6歳」になっているので、次の学年のはじめ、つまり、「その年の4月」から就学します。
「4月2日生まれ」の子供は、4月1日に「満6歳」になるので、その次の学年のはじめ、つまり「翌年の4月」からということです。

なんだか、ややこしい話ですが、要するに、「1月1日から4月1日生まれ」までが「早生まれ」ということです。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ